スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

親カエル、子カエル。 

やっぱり雨って、何かを連れてくる。



何となく気になってた作品
ようやくレンタルでみーつけた

個人的に吉牛は
紅生姜たっぷりで、つゆはほどほどがスキです、うん


















この先、ネタバレ?な内容になってゆくので
読みたくない方は、回れ右してお戻りを。










タイトルだけ見てしまうと
すごく世間知らずなお坊ちゃんが主人公の作品に思えるかもしれませんが
人と関わろうとしなかった男性の恋物語、といった感じ

誰だって傷つくの恐いもんね、ん。




結婚しない子どもを心配した親たちが集まり
お互いの子どものお見合いをまとめるサークルみたいなところから物語りははじまります

映画の中の主人公の健太郎のお父さん・お母さんの心配はごもっとも
人から距離を置いて、関わろうとしない息子への心配
息子が楽しそうに暮らしているのなら、結婚、結婚と必死にはならないと思う

もう一方、お見合い相手となる奈穂子の両親の心配は、盲目の娘の人生
どうしても会わなきゃダメ?と訊ねる娘に
母親役の黒木瞳さんが
ずっと一緒にいてあげられないからよ、と答える
そこに親の気持ちが凝縮されているなぁ。。。


お見合いの席では、奈緒子の父親の態度と言葉で一悶着起こるのだけれど
ここで健太郎が発する言葉がいい

普段ジブンの思考を口にすることがない息子の思いに
父と母は目を見開き胸を痛め
対する奈穂子の両親の胸にも、何かを残して。
モチロン、娘の奈緒子にも。






お見合い自体は大失敗で終わるものの
奈緒子の方から健太郎を訪ねて
ふたりが徐々に恋に落ちて行くのだけれど
健太郎がね、優しいんですよ、ほんと。
そしてメキメキ、成長する。

奈緒子の手を引いて歩く時に
ジブンが置石に乗って道を譲ったり(ここ、すごくほんわかした)
食事のシーンで左隣にいた健太郎が
奈緒子が左利きと知って、腕がぶつからないように右隣に移ったり

わざわざ親切してますよー、じゃなくて
奈緒子が困らないように、不自由しないように
最大限の気遣いをする


ふたりで会う日々を重ねていく中で
ちゃんと言葉にしなくちゃと必死に告白する健太郎と
ずっと不安だったから、言葉にしてくれて嬉しいと喜ぶ奈緒子と
その時の初めてのキス

もうねー、観てるアタクシ
うんうん、うんうん、よかったねえって、おばちゃん気分でした゜*。(*´Д`)。*°



初めてお互いの肌に触れ合う時も
何も分らないから、おっかなびっくりって意味ではない、「そっと触れる」
ガラス細工にでも触れるように
そーっと奈緒子に触れて抱き締めるんですよ。
映画なんですけどね。フィクションですけど。
でもでも、はぁ・・・って溜息出るぐらい幸せなシーンでしたねえ、私的には。

後半にもう一度触れ合うシーンでは
激しく求め合うようになるところが、すんごくリアル。



こういった純愛ぽいストーリーものによくあるパターンですが
ふたりを引き裂く展開が起きたりしますです
色々有ります
色々あるけれど・・・・って感じです( *´ノд`)コショショ


後半にある吉野家での奈緒子のシーンにあんなに泣かされるとは。
泣いたもの、おばちゃん号泣しちゃったもの。

昔々、色んなことがあって会えなくなってしまった人と行った想い出のラーメン屋で
ひとりでラーメンを食べながら泣いたことのある私には
その事とかぶって更に泣けて泣けて。あっはっはー。





双方の両親の気持ちにも泣かされますねえ。
お見合いの席でまず一泣き。その後も多々。
涙腺が壊れている親カエルは、観ながら泣きっぱなしでした。


奈緒子のお父さん、若い人から見たらタダの傲慢のおじさんだろうけれど
ジブンのやり方で成功した人だからこその傲慢で
その生き方の中で思う、障害を持つ一人娘への親心なんだろうなぁ。

お見合いの席や、病院での健太郎の母親の言葉も
息子への思いが凝縮されて。
ゲームと戦うお父さん、子離れについてお母さんを諭すお父さんもいいなぁ。


あと、健太郎の同僚の女のコ
いいです、スキだ
歩道橋の上で、とんでもない言葉を叫んでますが( *´艸`)
彼女のガッツポーズに、頷いて答える健太郎がイイ。

この同僚の彼女、貼り付けた予告編の出演者の名前で気づいたのだけど
とんねるずのタカさんの娘さんみたいですねえ。
色眼鏡かけずに見たら、ステキな女優さんだと思うんだけどな。
色々言われているのを見かけますが、私は今作での穂のかさんスキですねえ。


そして、とりあえずカエルの鳴き真似が
あんなところで活かされるとは思いもよらず(笑)
いやいや、玄関からフツーに行こうよ
そう思ったのは私だけではないはず(*´∀`)クスクス

何のことか意味を知りたい方は、どうぞ観てみて下さい。
お好みの映画かどうかは、責任持てないですがっ。







とりとめもなく、つらつら。
今夜も長いったら。

先日編んでいたスヌードをとっくに編み終え
次のスヌードすらもう編み終えてしまい
眠れぬ長い夜をどう過ごそうか右往左往



糸よりも細く
編み終わらない長い夜



















[ 2014/02/13 ] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)
お願い
※ お知らせ ※

過去数年分の記事
皆さまからいただいたコメント
リンク先など、ほとんどのモノを伏せさせていただいています

コメントを寄せて下さった方
リンクをして下さっている皆さまに申し訳ないと思いつつも
公開することで、ご迷惑がかかるかもしれないという状況にある為
ご理解下さると有り難いです

本当に申し訳ありません





画像とレシピの無断加工・転載は
お断りさせてください (ぺこり)

同じモノを作って
載せちゃおっ、なんて際には
トラックバックをしていただけると
嬉しいかなーと。

更には作ったよぅなんて嬉しい声を
聞かせていただけると
単純な当人はとっても喜びます
よろしくですっ(´・ω・`)ノ

プロフィール

こまめ

Author:こまめ

『ご挨拶』
お料理大好き
でも時々めんどくさい

動物&雑食性の音楽
&アニメ&本&映画好き
とどまることをしらない物欲
整理整頓とは程遠い脳内にある
アタシの大好きを並べまくります

頭の構造上の問題なのか
脱線・ワープete ありありの
ブログにはなるかと思いますが
あったかーい目で見守ってくださいませませ

検索フォーム
シチュー引きずり回し


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。